市川市 あかつき堂鍼灸院HOME > 肩こり、腰痛でお悩みのあなたへ

肩こり、腰痛でお悩みのあなたへ

こんな症状はありませんか?

病院の検査では異常がないと言われたけど…

(肩こり)

  • パソコンを使っていると肩がこる、背中が張ってくる
  • 一日に一回は肩こりを感じる
  • 首筋から頭にかけてズーンとする痛さがある
  • 吐き気がするほどの肩こりを感じる
  • 長時間マッサージを受けているのになかなか良くならない
  • 肩が痛くて動かせる範囲が限られる

(腰痛)

  • 長時間イスに座っていると腰が痛い
  • 洗面台で顔を洗う動作で腰が痛い
  • 長い間立っているのが苦痛
  • 一日に一度は腰痛を感じる
  • 生理中腰が強く痛む、重い

一つでもこういった症状がある方で
根本的な改善をお求めの方、治療を受けてもなかなか改善しないと感じる方はぜひお読み下さい。

あなたはつらい場所(肩、腰)に直接施術して欲しい!
そう思うかもしれません。

しかし実は・・・

その症状の本当の原因

多くの場合あなたの感じるつらい場所は、結果的にそこに自覚的な症状が現れているだけです。

つまり…
肩こりは、肩自体が原因ではないことが多いのです。
腰痛も、腰自体が原因ではないことが多いのです。


長い間、肩や腰を治療してもらっているのに、あなたがなかなか改善しないと感じているなら、まさにそのことを示しています。

原因を根本的に解消せずに、肩なら肩だけ、腰なら腰だけを治療では、
その場しのぎの状況が続いていくでしょう。

その症状の原因は血流の悪さからくる身体の根本的な「冷え」です。

肩こり

肩こり「コリ」とは東洋医学的に表現すると、
気血(血流)の密度が必要以上に集まって硬くなった状態のことです。

健康な身体は気血(血流)が全身をめぐり、
適度な温かさをもっています。
ところが、現代社会では下記のような要因から体調を崩してしまう方が多いのです。

  • ストレス(仕事、人間関係)
  • 食事内容の問題(偏食、冷たい飲食の常食など)
  • 就寝時間が不規則
  • 仕事の姿勢の問題(立ち仕事、パソコン業務など)
  • ケガ(ねんざ、骨折、古傷など)
  • 薬(市販薬含む)の常用

これらから血流の悪さを引き起こします。これが「冷え」であり、あなたの自然治癒力を低下させ症状の悪化させているそもそもの原因です。そして肩はもちろん、全身のツボにその「冷え」の状態が具体的に現れています。

血液の役割は身体を栄養するのと同時に熱を全身に運ぶことです。
身体が温かいのは身体をめぐる血液が温かいからです。

すなわち健康な身体とは身体がまんべんなく適度に温かく、滞りのない状態といえます。
適度な運動や、お風呂で身体を温めると身体が楽になるのはそのためです。

ところが「冷え」により、身体にすみずみにまで熱をめぐらせる力が弱くなってしまいます。しだいにその状況が続けば上半身や身体表面に熱は集まり、逆に下半身や身体の内側は冷えていくことになります。つまり熱の分離(かたより)が身体の中で起こり始めるのです。 それはちょうど湯船のお湯が、一晩たつと水面はまだ温かく(熱は上昇する性質があるため)、逆に底の方は冷たくなっていく状態に似ています。

この病の初期状態のことを東洋医学の言葉で陰虚病症(いんきょびょうしょう)といいます。※実際の施術では「冷え」の重症度を段階的に陰虚(いんきょ)病症→陰実(いんじつ)病症→陰実・陽実(ようじつ)病症→陽実病症→陽虚(ようきょ)病症と分けて判断しています。その重症度に合わせて、「証」(西洋医学でいう診断)を立て、それに従ってツボに鍼や灸をします。

もし自動湯沸かし器があれば常にお湯は循環され、汚れず、温かい状態を維持できますが、その機械が故障すれば、しだいにお湯はよどみ、汚れ、冷たくなっていくでしょう。自動湯沸かし器の機能はいわばヒトの生命力に相当します。

その生命力の低下を「冷え」と東洋医学では表現しているのです。

この熱の上半身へのかたより(必要以上の気血の密度の集まっている状態)が、肩や首がこっている、という状態です。

「冷え」が強くなれば熱をとどめておく力が落ちるため、気血は上へ上へと昇ります。
そうするとさらに気血の密度が上半身に集まり過ぎ(陽実病症)、肩こりや、四十肩、五十肩、頭痛や吐き気など症状が発展するということになるのです。
※この陽実病症によって症状が引きおこされていると判断した場合は、上半身にかたよってしまった気血の流れを下げる治療を行うことになります。

腰痛

腰痛腰痛の重症度は、腰の筋肉の単純なコリから、
自覚的な痛みに始まり、
何かしているときに痛む、
じっとしているだけでも痛む、
という具合です。

単純に腰だけの問題(陰虚病症)であれば、
単純に腰だけへの治療で改善するでしょう。

しかしあなたがもし、腰に対して治療を受けていても、なかなか改善しないと感じているなら、単純な腰の筋肉のコリではないかもしれません。

つまり消化器系、婦人科系、泌尿器系、精神科系等の病が高じるとほとんどの場合、腰部に痛みが出ます。

腰痛と言ってもそう単純ではない場合が多いのです。

つまり慢性化している腰痛であればあるほど、生命力の低下(自然治癒力の低下)、「冷え」が強いと言えます。

また交通事故やスポーツなどでしりもちや、むち打ちをするなど、たとえご本人に心当たりがなくても首を少なからず損傷しているものです。つまり、首の問題が腰へ影響することがかなりの場合あるのです(もちろん肩こりにも影響します)。

そういったレントゲンなど画像的診断では決して映らない小さな異状が身体の循環を妨げている場合も多いといえます。

このようにかなり複合的な事情から腰痛は引き起こされている場合がほとんどですから、全身を正確に診察して、適切なツボを用いて治療していくことがとても重要になります。

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

初回割引

市川市の鍼灸院で検索1位!

当院の治療を受けた患者様の声

鍼灸院って、どこも同じでしょ…?いえいえ、あかつき堂鍼灸院はここが違います!

各症状をより詳しく 症状別

受付時間
平日9時~19時
土曜9時~14時30分
定休日
日曜 祝日
所在地
〒272-0813
千葉県市川市中山4-8-8カノン103
アクセス
京成本線 京成中山駅から徒歩2分
JR総武本線 下総中山駅から徒歩6分
電話番号
047-711-1399
代表者
清水 暁雄

スタッフブログ

お知らせ