市川市 あかつき堂鍼灸院HOME > 各症状と施術例 > 頻尿に対する考えと鍼灸施術の応用

各症状と施術例

頻尿に対する考えと鍼灸施術の応用

排尿は体の生命活動に無くてはならないものですが、東洋医学おやび鍼灸的に捉えたときに何を意味しているでしょうか?

世間一般常識では老廃物を排泄することであり、それ以上でもそれ以下でもないとされています。
 

尿は熱の調整をしている。
 

・液体は熱を吸収する。
・液体(尿)は膀胱に溜められる。
・その尿は体内にあるわけですから温度(37度程度)があります。
 

尿にも温度があるということは、排尿とは熱を捨てることだとは言えないでしょうか?事実、鍼灸の世界ではそのように考えています。
もちろん老廃物の代謝もそのうちのひとつです。気の密度が高ければ尿の色は濃くなるし、臭いも持ちます。
この気の密度は言い換えるとそこに「熱量」があるかどうかを意味します。
 

頻尿は体の熱を調節できない状態。
 

上記したように液体は熱を溜めます。証拠に尿には体温と同じだけの温度があります。尿を膀胱で溜めすぎるということは体の熱が尿に行ってしまうこと。
それを防ぐために頻尿という状態を体は作り出しそれ以上体が冷えないように生理反応だ、いうわけです。つまり体を温めれば良いということになります。


鍼灸は、自己治癒力を正常化し熱の巡りをよくする環境を作るために行います。鍼で血流を良くし、お灸で体に熱を入れさらに巡りを良くする。
そうすることで、体が正常な機能を取り戻し、膀胱はしっかり尿を貯める力を取り戻し、頻尿は緩和されていくことを目指します。
病名がつく手前であれば鍼灸施術で功を奏すことはよくあります。


迷っておられるのでしたら、一度近くの鍼灸院へ施術を受けることをお勧めします。
あかつき堂鍼灸院は鍼灸専門院ですのでもし市川市市内でお求めの場合は、どうぞお気軽に当鍼灸院の鍼灸施術を受けてみてください。鍼灸は痛くありません。

 


▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

初回割引

市川市の鍼灸院で検索1位!

当院の治療を受けた患者様の声

鍼灸院って、どこも同じでしょ…?いえいえ、あかつき堂鍼灸院はここが違います!

各症状をより詳しく 症状別

受付時間
平日9時~19時
土曜9時~14時30分
定休日
日曜 祝日
所在地
〒272-0813
千葉県市川市中山4-8-8カノン103
アクセス
京成本線 京成中山駅から徒歩2分
JR総武本線 下総中山駅から徒歩6分
電話番号
047-711-1399
代表者
清水 暁雄

スタッフブログ

お知らせ