市川市 あかつき堂鍼灸院HOME > 各症状と施術例 > 五十肩の鍼灸治療で重要なこと

各症状と施術例

五十肩の鍼灸治療で重要なこと

五十肩に対する鍼灸施術です。例:50代 男性。

症状の特徴と経過:服の着脱、モノを取ろうとすると右肩に激痛、骨の中が痛いと表現する。うつ伏せになると腕が痛いため、上げられない。夜間痛あり、朝方起きてしまうことが多い。

鍼灸の内容と経過:仕事の関係から、ほとんど月に一度程度の鍼灸治療であったが、どうなったか?

鍼灸治療直後から、8割の痛みの解消がみられた。

脈の状態、腹のコリから脾虚証とし、鍼で身体をゆるめ、背骨上に残った滞りのあるツボに灸を施術。治療後に可動域、痛みが残るときは、右手の反応のある水かきの部分(ツボ名なし)に鍼、ないし灸を加えた時点で、8割方症状は消失。

一カ月後に再び来院されるごとに、症状が出て来つつあるものの、強さは確実に弱まっている。

考察:五十肩はその場で症状が落ち着く、鍼灸の得意分野の一つであるという実感が持てる例です。

ご本人様がかなりの鯨飲の方なので、飲み方さえ気を付けていればもう少し早く改善すると考えられる。やはり、身体をゆるめたあとの背骨上の灸が功を奏す。なぜなら、背骨の中にある脊髄神経は全ての身体を支配しているため、その滞りさえ取ってしまえば回復していく。やはり、腕ばかりを診ていても改善は難しいであろう例の一つでした。

 

五十肩は、衣服の着替え、洗髪、洗濯物を干す、炊事、歯磨き、寝返りなどに強い痛みが生じるため、ほとんどすべての日常生活に支障を来たします。しかし鍼灸治療直後から効果を感じやすい疾患のひとつともいえます。

多くのケースで原因は肩自体にないと考えています。

ですから肩関節のみに焦点を合わせ、そこを揉んだりシップはったりしても多くの場合、なかなかよくならないのです。シップはむしろ、患部がまさに冷やされるため回復が遅れてしまう可能性すらあります。重要なのは肩関節だけでなく、脈やお腹、首や背中(脊柱起立筋群)、腰部、ときには足までしっかりと触診し、適切なツボを用い鍼灸治療をすることです。

原因は、身体全身の気血の滞りです。それを根本的に鍼灸によって解消することで全身が温まり、症状が改善されていきます。とくに50歳前後は、同時に仕事や日常のストレスが徐々に身体に負担を与え、気血が滞り「冷え」が高じ始める傾向にある年齢といえます。それが肩関節に非常に強い滞りをもたらしている状態ですから、単純に肩だけの問題では当然ありません。この機会に、鍼灸だけでなく生活態度も改めていくことが重要です。

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

初回割引

市川市の鍼灸院で検索1位!

当院の治療を受けた患者様の声

鍼灸院って、どこも同じでしょ…?いえいえ、あかつき堂鍼灸院はここが違います!

各症状をより詳しく 症状別

受付時間
平日9時~19時
土曜9時~14時30分
定休日
日曜 祝日
所在地
〒272-0813
千葉県市川市中山4-8-8カノン103
アクセス
京成本線 京成中山駅から徒歩2分
JR総武本線 下総中山駅から徒歩6分
電話番号
047-711-1399
代表者
清水 暁雄

スタッフブログ

お知らせ