市川市 あかつき堂鍼灸院HOME > 各症状と施術例 > 膝の症状は、背中のツボで取る

各症状と施術例

膝の症状は、背中のツボで取る

症例:60代 女性

症状の特徴と経過:
右膝の歩き出し時の痛み(30年前から)。腰痛(30年前から)
右肩こり(いつからかはっきりしないが、触診上では左肩の方が張っている)

出産して以降、右膝の痛みは
当時、受診した医師に老化のためだと言われる。

治療の内容と経過:
全身の診察でとくに重要だったのは、仙骨(腰部)と右膝のツボの反応である。
とくに膝の皿(膝蓋骨)の稼動性の悪化、陰陵泉、陰谷など膝周りのツボの反応(圧痛)
が顕著。

腹の状態から腎虚証とし、背中をゆるめる治療を行ったあとに、第二仙骨のツボへ灸をする。
とくに膝に直接鍼や灸をすることなく、治療直後の膝の痛みは軽減する。

考察:
膝の痛みは医師に老化のためだと言われるが、まだ30代でそれは考えにくい。
30代前後で出産を経験しており、難産であったこと、仙骨付近の圧痛に灸を施すと症状が
改善することを考慮すると、出産の影響が膝の痛みにかなり関連しているものと考えられる。

重要なのは、膝の痛みは膝自体に問題がなくても、起こり得ることは充分にあり得ることであり、
全身の触診、治療、背骨上のツボに灸がかなり功を奏す。

ヒザ.png

膝(ひざ)の痛みの原因は
膝自体にはないかもしれません


歩くとき、立つとき、正座するとき、寝ているとき、


など膝の症状はほとんど必ず、痛みが生じます。


まず、その症状が、、

・その痛みが膝自体に原因があるのか
・身体のバランスたとえば、腰から来ているのか首から来ているのか、
・内臓の調子の悪さから来ているのか、
・はたまたそれらが複合的に関連しあっているのか

注意深く見極めることが重要になります。

ここで重要なのは膝が痛いからといって
膝自体には問題がないことも充分にあり得るということです。

ですから病院の検査(レントゲンなど)を受けたにも関わらず
画像的に異常が出なくても何ら不思議なことではありません。

どういうことか??

痛いとか、熱いとかそういった感覚を支配している知覚神経は、
背骨の中の太い神経(脊髄神経)に支配されています。
さらに背骨の高さによって支配領域が違います。


デルマ.jpg


これを医学的にはデルマトームといいますが、
例えば膝であれば腰の骨(腰椎の3~5番)の
脊髄神経はまさに膝の知覚を支配しているのです。

ですから膝自体に問題がなくても
痛みが生じる可能性はあるのです。

督脈.jpg


デルマトームと関連するように
背骨のライン上には督脈(とくみゃく)という
重要なツボの流れがありますが、

膝の痛みを抱えた方の多くは
そのライン上のツボの流れが滞っているものです。


鍼(はり)で身体を充分にゆるめた後に、
お灸でそのツボに熱を与えることで

その滞りを解消することができます。
その流れさえキチンと作ることができれば、
痛みは充分に改善していくでしょう。

もちろん膝自体に問題があると判断したときは
全身治療を行った後、膝に処置をすることになります。

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

初回割引

市川市の鍼灸院で検索1位!

当院の治療を受けた患者様の声

鍼灸院って、どこも同じでしょ…?いえいえ、あかつき堂鍼灸院はここが違います!

各症状をより詳しく 症状別

受付時間
平日9時~19時
土曜9時~14時30分
定休日
日曜 祝日
所在地
〒272-0813
千葉県市川市中山4-8-8カノン103
アクセス
京成本線 京成中山駅から徒歩2分
JR総武本線 下総中山駅から徒歩6分
電話番号
047-711-1399
代表者
清水 暁雄

スタッフブログ

お知らせ