市川市 あかつき堂鍼灸院HOME > 各症状と施術例 > だるい、不快感、痛み、などの不定愁訴

各症状と施術例

だるい、不快感、痛み、などの不定愁訴

女性 辛い症状.jpg
何か思いあたることもない

もちろんレントゲンや、MRI、CT、
血液検査など病院の検査でも異状もない。
お医者さんにも「疲れでしょう。」と言われ、
気休め程度にビタミン剤が処方される。

だけど身体は何とも表現しがたいほど

・つらいというか痛いというか
・だるいというか
・眠いというか
・疲れるというか
・胃がもたれるというか
・頭が重いというか
・やる気が起きないというか...


誰に何をどういえばこのつらさが伝わるのだろう?


不定愁訴(ふていしゅうそ)は他人には
なかなか理解してもらえず
自分だけでつらさを抱えてしまうものです。

鍼灸治療はそういった症状の改善に
とても効果的な場合が多いのはご存知でしょうか?

まず、病院でこれら不定愁訴の症状があっても基本的に
「異常なし」とされてしまうのには理由があります。

それは、あくまで病院の検査値で出た客観的な異状が、
すなわち身体の異状であるというのが
西洋医学(自然科学)の基本的な立場だからです。

不定愁訴は患者さん個々によってまさに千差万別であり、
とても数値化(客観化)できません。

そういう意味では西洋医学の限界がそこにあります。


そもそも「治る」とはどういうことでしょうか?


・症状を抑え続けること?
・症状が出なくなること?

どちらも正解でしょう。

薬の多くは身体ではなく症状に対して処方されます。
薬を飲めばもちろん身体は楽になります。

その状態を「治る」とするならば
もはや、「治った」と言っていいでしょう。

しかし、あなたは症状を抑え続けるために
その薬を飲み続けて行くのでしょうか?

もちろんそれで良いならば何も問題ありませんが、
鍼灸院をお探しのあなたは、違うはずです。


東洋医学的な鍼灸治療では
不定愁訴はあらゆる病気の手前だと判断しています。

逆にいえば、今あなたがその状態で済んでいるうちに
根本的に治しておくことが重要だということになります。

この場合の「治る」とはもちろん
症状を抑えつづけることではなく、

その原因を除去し、あなた本来あるべき自己治癒力を引き出し
身体そのものの力で病から立ち直るという意味です。

ではその「原因」とは何か?

冷えの概念図.jpg
それは東洋医学的に表現すれば
「身体の冷え」だということになります。
何か体調が悪い時というのは、
冷えがあなた本来の身体の温かさが
奪っている状態と云えます。

その冷えの状態が、

・全身のツボの反応として
・首、肩、腰などにコリとして
・自覚的、もしくは他覚的な冷えとして
・時には熱症状として
・自覚症状として

身体に現れているのです。
この身体の反応はとても微細であり、直接肌に触る触診こそ得られる情報です。

そこで得られた情報を元にして
適切な箇所に鍼やお灸をします。

先に不定愁訴は病の手前だといいましたが、
病とは西洋医学でいうところの「病名」にあたります。

ですから逆に云えば、病名がつく手前の状態ですから
冷えの程度はまだそれほど強くなっていない状態だということになります。

程度の差はもちろんありますが
身体の冷えの除去さえしっかりと出来てしまえば
あとは身体本来の自己治癒力が働き、回復していくことになります。

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

初回割引

市川市の鍼灸院で検索1位!

当院の治療を受けた患者様の声

鍼灸院って、どこも同じでしょ…?いえいえ、あかつき堂鍼灸院はここが違います!

各症状をより詳しく 症状別

受付時間
平日9時~19時
土曜9時~14時30分
定休日
日曜 祝日
所在地
〒272-0813
千葉県市川市中山4-8-8カノン103
アクセス
京成本線 京成中山駅から徒歩2分
JR総武本線 下総中山駅から徒歩6分
電話番号
047-711-1399
代表者
清水 暁雄

スタッフブログ

お知らせ