市川市 あかつき堂鍼灸院HOME > 各症状と施術例 > 歩き出し時の、カカトの痛み

各症状と施術例

歩き出し時の、カカトの痛み

歩行時の足およびかかとと痛みに関する鍼灸施術の一例をご紹介させて頂きます。

50代 女性 主婦:つらい症状:歩行時、歩き出しで右足が痛む。準備なく急に長い距離を歩いたら、痛みが強くなってきた。その他の症状、肩こりなど。

過去の病気:特記なし、経過:初回の鍼灸治療は、下腹部に顕著な圧痛。腎虚証とし、背中の適切なツボに鍼。背骨上(督脈)にお灸。具体的には第二頚椎と第6胸椎。

施術後、下腹部の圧痛消失、身体の変化は充分に起きたため、初回の鍼灸治療を修了。回目以降の鍼灸治療:前回の施術直後と、次の日に眠気。瞑眩と判断。

腹部の圧痛他、全身の身体の硬さは順調にゆるんでいる。自覚的に改善しているがいまだ、症状は強くある。3回目の鍼灸治療で、右足は日常生活において、痛くない日も出てきた。ここ2.3日肩こりを感じない。4回目の鍼灸治療で、足の痛み10→6程度。5回目の鍼灸治療後、歩き出しで痛みなし。ただ、歩行時に踏み込みの瞬間にカカトが痛むことがある。

6~7回目以降、背中の張りはまだあるが、全体的な身体のやわらかさ、症状の改善から治療はひと段落ついていると判断。以後、月1~2回の施術。
 

考察:


カカトの症状は、割とありふれた症状の一つです。足は元来、体重が最も身体にかかる部位です。逆にいえば、、足は身体の中で最も、身体の中で強靭に出来ています。その足(このケースではカカト)に何かしらの症状が出てきたと考えられます。

足だけでなく体全体のバランスをとるために鍼灸施術をする必要がある。

今回の鍼灸治療のケースでは全身的に身体が硬くなり、急な長距離歩行がきっかけとして、痛みが発生したものと考えられます。だから、足だけに鍼や灸をするアプローチをしてもなかなか良くなりません。重要なのは、全身をいかに、鍼灸によってゆるめ、負担を身体の一か所に集中させないか、ということです。

具体的には、手足の硬さ、腹の硬さ、冷え、背中の硬さを解消すれば、症状も改善していくでしょう。鍼灸治療は、全身が対象ですから、カカトの症状だけでなく、元々の肩こりやその他症状も当然改善していきます。

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

初回割引

市川市の鍼灸院で検索1位!

当院の治療を受けた患者様の声

鍼灸院って、どこも同じでしょ…?いえいえ、あかつき堂鍼灸院はここが違います!

各症状をより詳しく 症状別

受付時間
平日9時~19時
土曜9時~14時30分
定休日
日曜 祝日
所在地
〒272-0813
千葉県市川市中山4-8-8カノン103
アクセス
京成本線 京成中山駅から徒歩2分
JR総武本線 下総中山駅から徒歩6分
電話番号
047-711-1399
代表者
清水 暁雄

スタッフブログ

お知らせ