市川市 あかつき堂鍼灸院HOME > 各症状と施術例 > 足が冷え、夏でも湯たんぽが欠かせない

各症状と施術例

足が冷え、夏でも湯たんぽが欠かせない

症例) 60代 男性

つらい症状:
足先が冷えて、湯たんぽがないと寒くて寝られない。夏でも必要とする。
その他、腰痛など

経過:

初回治療時では、確かに夏にも関わらず足先が冷えている。

初回~3回目の治療(原則週1ペース)までは、明確な身体の変化の自覚がない。

ただし、診察上身体の変化は充分に出ていたと考えられる。

その根拠は以下の4つ

・腹の冷えの改善
・腹に適度な弾力が出てくる
・治療中にまるでスイッチが入ったかのように汗がダーっと出る
・脈の乱れの改善(脈状が滑らかに打つようになっている)

この4点は患者さん側が受け取れない情報であり、
かつ治療する側にとっては見逃せない変化である。

治療4~5回目:

湯たんぽ必要なく眠れるようになる、途中で起きてしまうこともなくなった。

考察:
今回の症例で重要なのは、腹の状態である。

初回時では、ほとんど腹に弾力がなく、底なし沼のように圧迫すると
どこまででも押せてしまえるほど、腹に力がなかった。

治療を重ねることで、身体の熱を起こす力、つまり、本来あるべき自己治癒力を引き出した結果、
腹に適度な弾力が戻り、身体全体も温かい状態まで気の巡りを改善することができた。

冷えが、いかに身体の状態を左右しているか改めて、再確認できた一例であった。

そして、足の冷えは単純に足を温めたところで、身体全体の熱の運びそのものの力を
賦活させなければ、一時しのぎにならざるを得ない。

身体全体をいかに調整するか。

そこがどんな患者さんにとっても、当てはまる治療のカギである。

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

初回割引

市川市の鍼灸院で検索1位!

当院の治療を受けた患者様の声

鍼灸院って、どこも同じでしょ…?いえいえ、あかつき堂鍼灸院はここが違います!

各症状をより詳しく 症状別

受付時間
平日9時~19時
土曜9時~14時30分
定休日
日曜 祝日
所在地
〒272-0813
千葉県市川市中山4-8-8カノン103
アクセス
京成本線 京成中山駅から徒歩2分
JR総武本線 下総中山駅から徒歩6分
電話番号
047-711-1399
代表者
清水 暁雄

スタッフブログ

お知らせ