市川市 あかつき堂鍼灸院HOME > 各症状と施術例 > スマホの使用過多による疲れに対する鍼灸

各症状と施術例

スマホの使用過多による疲れに対する鍼灸

スマホを操作するときは、ほとんどの場合、スマホ画面を見るために頭が前傾します。頭はボーリングの球ほどの重さがあります。
一説によるとわずか10センチに頭が前に傾くだけで、首周囲の負担は20キロ以上の負荷がかかるとのこと。どれほど首に負担がかかってくるかイメージするまでもないでしょう。

肩背部を緊張させ腕の位置を目線に合うまで引き上げ固定、視線は下がり頭部は前傾する。
こう考えると色々な要因が重なって目や首などの自覚的症状に発展していくものと考えられそうです。ではどうやって鍼灸施術を行えば良いのか?

鍼灸施術では、首の筋緊張が緩和されると血流が良くなるので頭部に関する症状(たとえば疲れ目)も緩和されることが多い傾向にあります。

東洋的な判断だと、スマホという「発光・発音・振動・時に発熱する刺激物」の情報を主に手や目や耳から摂取することによって、体の気血が上昇しのぼせ状態を引き起こす。そののぼせ(熱)が首に吹きだまってしまってうまく体中を循環できない、よって頭や首にコリ感や痛みに発展した、という具合に考えます。

鍼灸施術ではその上がった気血を下げる鍼灸を行うことになります。

具体的には、個人個人によって鍼灸による対処が異なるのでなかなか説明が難しいところではあるのですが、全身をよく観察し、然るべきツボを選定し鍼なりお灸をします。

とにかくこの症状においての鍼灸施術で重要なのは、首の観察と全身の観察です。首と一口行っても首だけで首の筋肉が成立しているわけではないからです。

長い筋肉では首から臀部まで達する筋肉もあるくらいです。だから首と一言でいっても腰部や臀部も鍼灸施術対象部位になります。

鍼灸は痛くありません。

良く思い違いされますが、鍼はほとんど痛くありません。お灸は熱いこともありますが、基本的には「気持ちいい」という範囲内です。

そこで鍼灸を受けるかどうか躊躇する理由は実は全くないのです。とはいえなかなか鍼灸は人によってハードルが高いと思うのも無理はないと思います。しかし、そこは本当に症状を解消したいのかどうか、というあなた自身の想い次第です。

鍼灸によって現状のつらい瞬間から解放され、今日より明日がより良い日であることを想像してみてください。治さない理由ってないんじゃないでしょうか。ましてや、鍼灸が痛いかどうか熱いかどうか、で迷っているのならもったいないことです。

あかつき堂は鍼灸一筋臨床10年以上

鍼灸資格は国家資格です。あかつき堂鍼灸院は開業から今まで鍼灸一筋にやってきました。そして、鎌ケ谷総合病院にて鍼灸研究に携わり論文発表するという極めて貴重な経験をさせていただいた経緯があります。またハワイ大学での人体解剖実習を経験し、本来なら見ることができない体の内部構造を、メスを用い解体することで学んで参りました。

こうして鍼灸にかける想いは今までもこれからもさらに加速していきます。

きっともっと早く鍼灸を受ければよかったと思うはずです。それは早い方がいい。迷っている今こそ、あなたの人生の中に新たな選択肢、鍼灸をぜひ取り入れてみてください。

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

初回割引

市川市の鍼灸院で検索1位!

当院の治療を受けた患者様の声

鍼灸院って、どこも同じでしょ…?いえいえ、あかつき堂鍼灸院はここが違います!

各症状をより詳しく 症状別

受付時間
平日9時~19時
土曜9時~14時30分
定休日
日曜 祝日
所在地
〒272-0813
千葉県市川市中山4-8-8カノン103
アクセス
京成本線 京成中山駅から徒歩2分
JR総武本線 下総中山駅から徒歩6分
電話番号
047-711-1399
代表者
清水 暁雄

スタッフブログ

お知らせ