市川市 あかつき堂鍼灸院HOME > 各症状と施術例 > 子育てママ世代の体の不調に鍼灸施術

各症状と施術例

子育てママ世代の体の不調に鍼灸施術

世の中のママについて。子育てをしていると抱っこや母乳など、どうしても腕をや肩に負担がかかってきてやがて、手先まで動作痛などを引き起こす。そして慢性的な睡眠不足による体力消耗。世の中のママがどれだけ頑張っているか頭が下がります。

このような症状をお持ちの方をどのように鍼灸で治る方向に持っていくか?今回はそんなお話です。

数キロの存在を常に持つことの負担

赤ちゃん~幼児まで抱っこする機会が多く、しかもの体重は日に日に成長し体重は重くなる。それは体がもたないはずです。鍼灸施術で大切なのは、まず体の左右差のバランスを見ること。

ほとんどの方は子供を抱っこするとき左腕に子供を抱えますから、負担は左に偏って強くなる。鍼灸をするまえに触診してみると、多くのケースで、脊柱起立筋(背中の筋肉)のコリ、および左右差が顕著に見られます。これでは腕まで痛くなるのも頷けますね。

鍼で血流を良くして体をほぐす

さて鍼灸でどうするか、この背中の筋肉のバランスを取るべく、背中全体に接触鍼という手技を行います。このとき鍼の痛みはありません。皮膚表面の緊張をとる手技なのですが、これだけでも背中の筋緊張は緩んで来ます。鍼灸を受けている実感として自覚的ポカポカ温まる現象が起こるようであれば、変化の兆しあり!とみることができます。初回の施術でも自覚的な変化はよく起こります。

お灸でさらにポカポカに体を温める

次に凝っている部位を丹念に探ります。首、肩周りの状態がおそらくまだ固いはずなので、鍼を然るべきツボに起きそこの変化を見ます。そしてお灸をすることで、温め、さらに体の血流を良くし、柔軟性を賦活させます。

それらの鍼灸がうまくいった場合、ほとんど1回目の鍼灸施術で痛みの変化、解消が見られるでしょう。しかし、どうしても十分な睡眠を取ることが難しいでしょう。これが回復を遅らせていきます。

よって数回程度鍼灸施術を行い、その改善度を見ていく必要が実際にあると思われます。どうぞ辛くなりすぎる前に鍼灸施術を受けてみてください。

鍼灸の免許は国家資格です。

鍼灸師免許は整体と違い国家資格です。あかつき堂では2009年度には、ある総合病院で鍼灸施術の有効性に関する研究に携わり、2016年にはハワイ大学にて人体解剖を経験してきた経緯があります。あなたのためにできる鍼灸はここにあると自負しています。ぜひ一度市川市にあるあかつき堂鍼灸院の鍼灸施術を受けてみてください。

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

初回割引

市川市の鍼灸院で検索1位!

当院の治療を受けた患者様の声

鍼灸院って、どこも同じでしょ…?いえいえ、あかつき堂鍼灸院はここが違います!

各症状をより詳しく 症状別

受付時間
平日9時~19時
土曜9時~14時30分
定休日
日曜 祝日
所在地
〒272-0813
千葉県市川市中山4-8-8カノン103
アクセス
京成本線 京成中山駅から徒歩2分
JR総武本線 下総中山駅から徒歩6分
電話番号
047-711-1399
代表者
清水 暁雄

スタッフブログ

お知らせ