ブーツやムートンで足元を冷やさないようにすると、冬の不調が防げるワケ

こんにちは!市川市のあかつき堂鍼灸院の清水です。

10月の半ばが過ぎ、ますます寒さが増してきましたね。僕はなぜかいまだ夏の感覚でいるのでこの寒さに戸惑っています。

さて、本格的な冬に向けて体の方も冬の環境に合わせます。

基本的にな夏と比べて体温を外に逃がさないよう体を硬くしていきます。

だから夏よりも

  • 皮膚は締まります。
  • 脈はよりどっしり沈むような打ち方をします。
  • 体の熱を逃さないように体幹部に熱を集中させるようになるため、末端(手足)が冷えがちになります。

だから、冬場は冬場の体の対処が必要になってきます。とくに冬とくに腰が痛むとか、背中が張る感じがあるなどあった場合は気をつけていきましょう。

ではどうするか?

足元を冷やさないようにする。

真冬の早朝は霜が降りるほど冷たいですよね。つまり、地面が冷えている。

地面と接地している足から体を冷やしがちになります。

靴下や靴用のカイロ等で対処しましょう。とくに、女性は三陰交付近は冷やさないようにすべきです。

くるぶしまでの靴下はは避けたほうが賢明でしょう。

その意味でブーツやムートンなどとてもいいアイテムと言えるでしょう。

ぜひこの冬は、コロナ対策に免疫力をつけながら上手に過ごしていきましょうね。